埋没法の特徴|デリケートな臭い問題は慎重に解決|チチガは汗腺の除去でOK

デリケートな臭い問題は慎重に解決|チチガは汗腺の除去でOK

婦人

埋没法の特徴

女医

埋没法による二重手術

日本人は先祖に蒙古民族のルーツがあると言われています。そのため赤ちゃんの多くにお尻のあたりに蒙古斑が見られるのです。この蒙古民族は目元のまぶたなども腫れぼったい傾向にあるのです。そのため日本人は遺伝的に一重のまぶたの腫れぼったい人が多いのも事実なのです。しかしメディアを賑わすモデルや女優は目元のはっきりした二重まぶたの印象的な美人が多いものです。彼女たちはハーフやクオーターであったり、美容整形外科で二重まぶたの手術を施しているために一般の日本人では見られないような印象的で大きな目をしているのです。もし自分の顔立ちやまぶたにコンプレックスがあれば、美容整形外科で埋没法による二重まぶたの手術を受けてみるのも良いでしょう。

工夫して二重まぶたに

埋没法による二重まぶたの手術は、美容整形外科での施術の中でも最も安全性が高く、簡単に二重に出来る施術なのです。手術時間はものの10分程度であり、メスを使って切開しまぶたにひだを作る切開法とは違ってほとんど後遺症なども報告されていないのです。埋没法はまぶたの裏側から糸と針を用いてまぶたを引っ張り、一か所を縫い留めるだけで綺麗な二重まぶたができるのです。もし仮に手術の仕上がりが気に入らなければ、その糸をほどくことで一重まぶたに戻すことも可能なのです。そのため気軽で費用も安くプチ整形と言われており、若い人を中心に利用する人が多いのです。しかしまぶたを二重にするだけで顔の印象が劇的に変わってしまうので、大学卒業後や、就職前などライフステージが変わる節目に埋没法の手術を受けるなど工夫すると良いでしょう。そうすることで整形手術の事実を誰にも悟られないで済むのです。